栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
学会発表 

学会発表一覧 [ 応用 ]

一覧に戻る
Abstract
日本臨床微生物学会(2002.1.26; 東京)
新規遺伝子増幅法LAMP法によるサルモネラ検出系における妨害物質の影響
百田 隆祥、吉野 学、砂田 亜津子、安中 敏光、根本 二郎、小島 禎、池戸 正成
(栄研化学・生物化学研究所)
【目的】
今回我々は新規遺伝子増幅法であるLAMP (Loop-Mediated Isothermal Amplification ) 法によるサルモネラ属菌検出系の開発を行ったが、その反応系の影響因子として培地と食材について検討したので報告する。

【材料と方法】
培地は前培養用に一般的に用いられる8種類を試験した。食材は食肉・牛乳・卵等を用い、各々25gを225mLのBuffered Peptone Waterに添加、ホモジナイイズした懸濁液を用いた。培地および食材懸濁液にSalmonella Enteritidisのgenomic DNAを添加し、それらの影響を確認した。LAMP法の反応時間は一定温度65℃・1時間で、反応液中のインターカレーターによる蛍光強度の変化から、経時的に増幅反応を解析した。対照としてPCR法でも試験した。

【結果と考察】
8種類の培地のうち、LAMP法およびPCR法ともEEM BrothとRappaport Brothで影響が確認され、たの培地では影響は見られなかった。食材の影響はLAMP法、PCR法ともにみられたがPCR法の方がその程度は大きく、最も影響の差が少なかった牛肉でもLAMP法の1/100以下の感度であった。LAMP法はPCR法と比較して食材の影響を受けにくい遺伝子増幅法であることが確認された。

日本臨床微生物学会(2001.1.26; 東京)

このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
発表予定学会一覧
学会発表[基礎]
学会発表[応用]
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
Copyright(c) 2005 Eiken Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved. このサイトについて