栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
学会発表 

学会発表一覧 [ 応用 ]

一覧に戻る
Abstract
第14回 日本臨床微生物学会(2003.1.31-2.2;名古屋国際会議場)
LAMP法を用いた腸管出血性大腸菌の検出
根本二郎、百田隆祥、砂田亜津子、吉野学、安中敏光、宮島浩志、小島禎、池戸正成
(栄研化学株式会社)
【目的】 Verotoxin(VT)を産生する腸管出血性大腸菌(enterohemorrhagic Escherichia coli :EHEC)は、出血性腸炎や溶血性尿毒症症候群の原因菌として注目されており、迅速な検出及び同定法の確立が急務とされている。そこで我々は迅速遺伝子増幅法である、LAMP(Loop-Mediated Isothermal Amplification)法を利用して、VT遺伝子を標的としたEHEC検出系の確立を開発したので報告する。

【方法】 VT1およびVT2遺伝子を特異的に認識するLAMP Primerを設計し、単独検出用LAMP試薬を作製した。さらに個々のPrimerを混合改良し、VT1/2同時検出試薬を作製した。感度試験はVT1産生株、VT2産生株、VT1,2同時産生株を用いて試験した。特異性試験は、当社研究所の保存株の中からVT産生大腸菌71株、VT非産生大腸菌78株、大腸菌以外のVT非産生菌37株を使用した。増幅条件は65℃一定温度で、1時間以内での増幅を陽性と判定した。

【結果と考察】 VT1、 VT2および VT1/2の検出感度は約60cfu/testであった。特異性試験の結果は、供試した186株全てにおいてPCRと一致した。したがって本法は、VT産生株の迅速検出に有用であると考えられた。

このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
発表予定学会一覧
学会発表[基礎]
学会発表[応用]
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
Copyright(c) 2005 Eiken Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved. このサイトについて