栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
学会発表 

学会発表一覧 [ 基礎 ]

一覧に戻る
Abstract
第23回日本分子生物学会年会(2000.12.13; 神戸)
ピロリン酸マグネシウムの沈殿生成を指標としたLAMP法の簡易検出
森安義、長嶺憲太郎、富田憲弘
納富継宣、長谷 哲
(栄研化学・DUGユニット)
我々は、新規の遺伝子増幅法Loop-mediated Isothermal Amplification法(LAMP法)を独自に開発した(NAR, 2000, 28, No.12, e63)。今回は、LAMP反応の進行に伴う白色沈殿の観察により、容易にDNA増幅反応を検出できることを見いだしたので報告する。

LAMP法の特徴の一つに、極めて多量(400μg/ml)のDNAを合成できるという点がある。その結果、ピロリン酸イオンも多量に生成するので、反応溶液中にピロリン酸マグネシウムの白色沈殿が生成する。この白色沈殿の有無を調べることによって、LAMP法でDNAが増幅されたかどうかを目で見て簡単に判別することができた。また、沈殿生成に基づく濁度の増加は、DNA合成量の増加と相関することが判明した。反応溶液の濁度を経時的に測定したところ、LAMP反応の時間変化をリアルタイムに追跡することが可能であった。このように、ピロリン酸マグネシウムの沈殿生成を指標とすれば、特別な試薬を添加しなくても、LAMP反応の進行を簡便かつ定量的に検出することができる。さらに、この沈殿検出法について、他の遺伝子増幅法を用いた場合の結果や、他の検出法との比較を行った結果についても報告する。

第23回日本分子生物学会年会(2000.12.13; 神戸)

このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
発表予定学会一覧
学会発表[基礎]
学会発表[応用]
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
Copyright(c) 2005 Eiken Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved. このサイトについて