栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
学会発表 

学会発表一覧 [ 基礎 ]

一覧に戻る
Abstract
第23回日本分子生物学会年会(2000.12.13; 神戸)
新規核酸増幅法(LAMP法)のSNPタイピングへの応用
神田秀俊、岩崎匡臣、米川俊広,
納富継宣、長谷 哲,
(栄研化学・DUGユニット)

巽圭太
(阪大・院医・生体情報)

LAMP (loop mediated isothermal amplification ) 法は、ループを介し等温で鎖置換反応を行う事を特徴とする新規で簡易・迅速な遺伝子増幅法である(T. Notomi et.al. N.A.R., 2000, Vol.28, No.12, e63 )。本法は6領域4種類のプライマーを用いることで、多数の近似配列存在下においても標的遺伝子のみを増幅することから特異性が高く、かつ一塩基違い(SNPs)を識別しながら増幅するという原理的特徴を有する。従って、SNPタイピングを増幅の有無で判定可能である。

そこで今回、薬剤代謝関連遺伝子であるP450 CYP2C19*1(WT)、CYP2C19*2 (MUT) alleleをクローニングし、そのタイピングをLAMP法を用いて行った。その結果、LAMP法はSNPsを厳密に識別して反応が進むことが確認できた。従って本法は簡易・迅速かつ精確なSNPタイピングに有用であると思われる。今後、実際にゲノム検体を用いて近似配列存在下でのSNPタイピングを行い、その有用性を確認する予定である。

第23回日本分子生物学会年会(2000.12.13; 神戸)

このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
発表予定学会一覧
学会発表[基礎]
学会発表[応用]
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
Copyright(c) 2005 Eiken Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved. このサイトについて