栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
学会発表 

学会発表一覧 [ 基礎 ]

一覧に戻る
Abstract
日本化学会 秋季大会(2001.9.20〜23; 千葉)
新規遺伝子増幅法LAMP法の原理と特徴
森 安義、富田憲弘、納富継宣
(栄研化学・DUGユニット)
1. 遺伝子検査を行う上で、検体中に微量しか含まれない核酸を増幅する操作は必須である。我々は、従来の方法よりも簡単な装置で精確に核酸を増幅する方法(LAMP法)を開発した。ここでは、核酸増幅を行う意義も含めて、この新しい核酸増幅法の原理、特徴を発表する。

2. 6つの領域を認識する4種類のプライマー(LAMP用プライマー)をバッファー、基質(dNTPs)、鎖置換型DNA合成酵素および鋳型DNAと混合し、60℃で60分反応させた1)。反応後の溶液に対し、アガロース電気泳動や制限酵素による消化反応などを行った。

3. 反応溶液中に標的DNA(HBV)が共存する場合のみ、LAMP増幅に特徴的なラダーパターンが観察された(レーン1?3)。このLAMP産物を、制限酵素(Ear I)で消化すると、予想されるサイズのバンドに収束した(レーン5)。これは、LAMP反応が標的DNAを特異的に増幅していることを意味する。このように、LAMP法を用いれば、簡易、迅速、精確、安価な遺伝子検出が可能となる。本発表では、LAMP法の原理と特徴を、既存の増幅法(主にPCR法)と比較しながら詳しく発表する。

1) T.Notomi et al., Nucleic Acids Res., 28, e63(2000).

日本化学会 秋季大会(2001.9.20〜23; 千葉)

このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
発表予定学会一覧
学会発表[基礎]
学会発表[応用]
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
Copyright(c) 2005 Eiken Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved. このサイトについて