栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
学会発表 

学会発表一覧 [ 基礎 ]

一覧に戻る
Abstract
第26回日本分子生物学会年会(2003.12.10-13;神戸)
ユビキタス遺伝子検査法の実現に向けた簡易検出法(1) LAMP増幅産物の配列特異的可視化法
森安義、平野剛史、納富継宣
(栄研化学株式会社)
現在の遺伝子検査は、特定の施設や研究室だけで行われる特殊検査という位置づけにある。しかしながら、遺伝子検査をより簡単で身近なものにすることが、近年多くの分野で望まれている。そこで我々は、独自に開発した遺伝子増幅法(LAMP法)をコア技術として、誰もがどこででもできる遺伝子検査システム(遺伝子検査のユビキタス化)の確立を目指している。そのようなシステムを確立する上で、LAMP増幅結果をいかに簡易に提示するかは最も重要な課題である。ここでは、カチオン性高分子をLAMP反応液に添加することによって、LAMP増幅産物を配列特異的に可視化できることを見いだしたので報告する。

LAMP反応液にカチオン性高分子であるポリエチレンイミンを添加すると、LAMP増幅産物が不溶化して沈澱が形成した。このとき、標識したプローブを共存させておくと、増幅産物にハイブリダイズするプローブだけがLAMP産物とともに沈澱に取り込まれた。プローブを蛍光標識した場合は蛍光イルミネータ上で、色素を標識した場合はそのままこの沈澱を目視することで、増幅産物を配列特異的に目視検出することが可能であった。この結果を基に、実際にマルチプレックスLAMP 反応を行い、本方法で検出を試みたところ、それぞれの増幅産物の有無を容易に目視で判定することが可能であった。

実際の発表では、添加するカチオン性高分子の種類や物性(分子量、濃度など)の至適条件等について詳しく報告する。また、クロマト方式を利用することによって、本方法が更に簡便な検出方法となりうることも示す。
このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
発表予定学会一覧
学会発表[基礎]
学会発表[応用]
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
Copyright(c) 2005 Eiken Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved. このサイトについて