栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
学会発表 

学会発表一覧 [ 基礎 ]

一覧に戻る
Abstract
第63回日本癌学会学術総会(2004.9.29-10.1;福岡)
Methylation specific LAMP(MS-LAMP)法の開発
下條 誉幸
(栄研化学株式会社、埼玉県立がんセンター 遺伝子診断室)
山口 研成
(埼玉県立がんセンター 遺伝子診断室、消化器内科)
赤木 究
(埼玉県立がんセンター 遺伝子診断室)
【目的】DNAのメチル化異常が、がん化に関与している事が明らかになってきている。この様なメチル化異常を調べる事によって診断や、治療効果の予測、予後判定などへの応用が試みられている。今回私達は、新規遺伝子増幅法であるLAMP法を用いてDNAのメチル化の有無を測定するMethylation specific LAMP(MS-LAMP)法の開発を試みた。

【材料・方法】培養細胞株(10株)と各種臨床検体(15例)からDNAを抽出し、sodium bisulfiteで処理した。処理後のDNAは、p16遺伝子のメチル化、非メチル化DNA特異的プライマーにてPCR法とLAMP法の両者で増幅を行ない、その判定結果を比較した。

【結果】リアルタイム蛍光検出によるLAMP法では、1時間以内に特異的な増幅が確認され、対照としたPCR法とも良好な相関結果を得た。

【結語・考察】MS-LAMP法の開発を行っており、その反応原理からも特異性が高く、濁度による増幅検出も可能であるために、簡便にメチル化DNAの有無を測定する方法として臨床的な応用の可能性が示唆された。


このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
発表予定学会一覧
学会発表[基礎]
学会発表[応用]
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
Copyright(c) 2005 Eiken Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved. このサイトについて