栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
LAMP法の原理 

LAMP法とは

LAMPとはLoop-Mediated Isothermal Amplificationの略であり、栄研化学が独自に開発した、迅速、簡易、精確な遺伝子増幅法です。

標的遺伝子の6つの領域に対して4種類のプライマーを設定し、鎖置換反応を利用して一定温度で反応させることを特徴とします。サンプルとなる遺伝子、プライマー、鎖置換型DNA合成酵素、基質等を混合し、一定温度(65℃付近)で保温することによって反応が進み、検出までの工程を1ステップで行うことができます。

増幅効率が高いことからDNAを15分〜1時間で109〜1010倍に増幅することができ、また、極めて高い特異性から増幅産物の有無で目的とする標的遺伝子配列の有無を判定することができます。
 特徴
2本鎖から1本鎖への変性を必ずしも必要としない。
増幅反応はすべて等温で連続的に進行する。
増幅効率が高い。
6つの領域を含む4種類のプライマーを設定することにより標的遺伝子配列を特異的に増幅できる。
特別な試薬、機器を使用せず、Total コストを低減できる。
増幅産物は同一鎖上で互いに相補的な配列を持つ繰り返し構造である。
鋳型がRNAの場合でも、逆転写酵素を添加するだけでDNAの場合と同様にワンステップで増幅可能。
このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
LAMP法とは
プライマー設計
基本原理
アニメーション
Loop Primerの利用
RT-LAMP法
SNPsタイピング
技術情報
学会発表
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
LAMP法の原理
HOMEへ
このサイトについて