栄研化学株式会社
Eiken Genome Site
LAMP法の原理 

RT-LAMP法 - 原理図 ; RT-LAMP(+鎖)

プライマー設計 原理 原理図:RT-LAMP(+鎖) 原理図:RT-LAMP(−鎖)
 逆転写反応(RT)ステップ
STEP1
ウイルスRNA分離試薬を用いてヒト由来のRNAを抽出し、サンプル溶液を調製します。サンプル溶液と反応液とを混合し、60〜65℃(SARSコロナウイルス検出試薬キットでは62〜63℃)でインキュベートすることにより、下図(1)に示すように対象のRNAにBIPがアニールし、逆転写酵素により相補的なcDNAを合成します。
     
   
STEP2
BIPの外側にB3Primerがアニールし、逆転写酵素の働きにより、先にBIPから伸長合成されたcDNA鎖を剥がしながら、新たな相補的なcDNAを合成します。
     
   
STEP3
(2)のステップにより、BIPから伸長合成した後に1本鎖DNA状態となったcDNAに対してFIPがアニールします。
     
   
 起点構造ができるまでのステップ
STEP4
上記の逆転写反応ステップの(3)から、鎖置換型DNAポリメラーゼの働きにより、FIPのF2領域の3´末端を起点として、鋳型となるcDNAと相補的なDNA鎖が合成されます。
     
   
STEP5
FIPの外側にF3Primerがアニールし、その3´末端を起点として、先に合成されているFIPからのDNA鎖を剥がしながらDNAが伸長していきます。
     
   
STEP6
F3 Primerから合成されたDNA鎖と鋳型DNAが2本鎖となります。
     
   
STEP7
(5)の過程ではがされたFIPから合成されたDNA鎖は両端に相補的な配列を持つため自己アニールし、ループを形成してダンベル型の構造となります。この(7)がLAMP法における増幅サイクルの起点構造となります。
     
   
 LAMP法増幅サイクルステップ
STEP8
まず(7)の構造で、3´末端のB1領域を起点として自己を鋳型としたDNA合成が伸長し、この時、5´末端側のループは剥がされて伸びます。更に、3´末端側のループのB2c領域は1本鎖であるためBIPがアニールすることができ、そのB2領域の3´末端を起点として、先に合成されているB1領域からのDNA鎖を剥がしながらDNA合成が伸長していきます。
STEP9
次に(8)の構造において、BIPから伸長合成されたDNA鎖によって剥がされて1本鎖となったB1領域から伸長したDNA鎖は、その3´末端側に相補的な領域を持つためループを形成します。このループのF1領域の3´末端から、1本鎖となった自己を鋳型としてDNA合成が始まります。そして、そのDNA鎖が2本鎖部分となっているBIPからのDNA鎖を剥がしながら伸長し、(9)の構造となります。
STEP10
上記過程によって、BIPから合成されたDNA鎖は1本鎖となり、その両端にそれぞれ相補的な領域、F1c、F1およびB1、B1cを持っているため自己アニールしてループを形成し、(10)の構造となります。この(10)の構造は、先ほどの(7)の構造と全く相補的な構造となります。
STEP11
(10)の構造では、(7)の場合と同様にF1領域の3´末端を起点として自己を鋳型としたDNA合成が行われ、さらに1本鎖となっているF2c領域にFIPがアニールしてF1領域からのDNA鎖を剥がしながらDNA合成が行われます。それにより、ちょうど(7)、(8)、(10)の過程と同様に(10)、(11)の過程を経て再び(7)の構造ができます。
STEP12
また、(9)あるいは(12)の構造において、1本鎖となっているF2c(あるいはB2c)領域にFIP(あるいはBIP)がアニールし、2本鎖部分を剥がしながらDNA鎖が合成されます。そして、これらの過程の結果、同一鎖上に互いに相補的な配列を繰り返す構造の増幅産物がいろいろなサイズでできてきます。
   
   
このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
LAMP法とは
プライマー設計
基本原理
アニメーション
Loop Primerの利用
RT-LAMP法
SNPsタイピング
技術情報
学会発表
論文一覧
Loopamp 製品
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
Copyright(c) 2005 Eiken Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved. このサイトについて