Loopamp 製品 

Loopamp ®  腸管出血性大腸菌検出試薬キット
    (外因性コントロール入り)
食品・環境検査用

インデックスに戻る
 製品説明

本製品は、LAMP法により腸管出血性大腸菌を検出する試薬キットです。
本製品は、腸管出血性大腸菌が保持するベロ毒素(verotoxin;VT)の核酸配列を認識するプライマーを用いて核酸の増幅反応を行い、その増幅の有無から、食品または環境由来検体中の腸管出血性大腸菌を特異的に検出します。
また、LAMP法専用のリアルタイム濁度測定装置を用いて、増幅反応副産物であるピロリン酸マグネシウム(白色沈殿物質)による濁度の増加を測定するため、簡易かつ短時間に検出することができます。
本製品には外因性コントロール試薬が含まれており、腸管出血性大腸菌検出試薬と同時に測定することで、検体由来物質による反応阻害の確認が可能です。

※ 本製品は、「Loopamp 腸管出血性大腸菌検出試薬キット(製品コード:LMP621)」に外因性コントロール試薬を加えたものです。

本製品のご購入は、e Genome Order をご利用ください。

 特徴

1. 増菌培養液を検体として簡易かつ短時間(2時間以内)で検出が可能
2. 専用のリアルタイム濁度測定装置を用いることで、増幅・検出・判定までを閉鎖系(同一反応チューブ内)で行うことが可能
3. 検出感度 : 60 CFU(Colony Forming Unit)/Test

 キットの内容

製品コード LMP681
包装単位 48テスト分
貯蔵方法 -20℃
有効期間 1年間

(1) Extraction Solution for Foods(EX F) 1.8 mL   ×3
(2) 1M Tris-HCI:pH7.0(Tris) 1.0 mL   ×1
(3) Reaction Mix. VT(RM VT) 1.0 mL   ×1
(4) Reaction Mix. eCT(RM eCT) 1.0 mL   ×1
(5) Bst DNA polymerase(Bst DNA polymerase) 60 μL   ×2
(6) Control DNA VT(Cont VT) 0.1 mL   ×1
(7) Positive Control eCT(PC eCT) 0.18 mL ×1

※ ( )内は試薬チューブに記載されている表示です。
※ 本キットに使用する反応チューブは必ず専用のものをご使用ください。
Loopamp反応チューブ(別売)

 お問い合わせ

▼ 本製品のご購入についてご不明な点は、以下にお問い合わせください(e Genome Order)。
販売元 富士通株式会社
TEL 03-6712-3885(直通) (平日9:00〜11:30, 12:30〜17:00)
FAX 03-6712-3886
URL http://genome.e-mp.jp
e-mail feast-egenome@cs.jp.fujitsu.com
▼ 本製品の性能等については、以下にお問い合わせください。
製造販売元 栄研化学株式会社
TEL 03-5846-3287
FAX 03-5846-3291
URL http://www.eiken.co.jp/
e-mail lamp@eiken.co.jp

このページのトップへ
インデックスに戻る
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
論文一覧
Loopamp 製品
製品インデックス
試薬
プライマーセット
測定装置
基礎試薬
オプション
製品適応一覧表
濁度測定装置の主な仕様
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
このサイトについて