Loopamp 製品 

Loopamp ®  エンドポイント濁度測定装置(LA-100) 医療用具

インデックスに戻る
 製品説明

本装置は、遺伝子増幅法であるLAMP(Loop-Mediated Isothermal Amplification) 法を用いた遺伝子検査専用の装置です。
遺伝子増幅部・検出部を備えており、あらかじめ設定した温度、時間での遺伝子増幅反応と、増幅副産物であるピロリン酸マグネシウムの白濁測定による増幅の有無、あるいは標的遺伝子の存在の有無の判定ができます(設定したcut off値に対して+/−表示)。


 ※販売終了

本製品のご購入は、e Genome Order をご利用ください。

 特徴

1. 最大48サンプル(牛胚性判別試薬キットの場合は24サンプル)を同時に増幅できます。
2. ホットボンネットの採用によりサンプルの蒸散をおさえています。
3. 最大8サンプルまで同時に濁度判定ができます。
4. 濁度判定は1回あたりわずか2秒で完了します。
5. 判定結果は直ちにプリントアウトし、レポートすることができます。
6. 3通りの反応条件(温度、時間、カットオフ値など)を記憶することができます。
7. RS232Cポート経由でデータ(濁度等)をコンピュータに取り込むことができます。

 詳細情報

  使用方法
装置の各部名称・仕様pdf
  実際例

Loopamp牛胚性判別
試薬キットとの組み合わせpdf
 
  関連リンク
微生物化学研究所
富士平工業株式会社

 お問い合わせ

本製品は販売終了しました。本製品についてご不明な点は、以下にお問い合わせください(e Genome Order)。
販売元 株式会社富士通システムズ・イースト
TEL 03-5977-5573(直通) (平日9:00〜12:00, 13:00〜17:00)
FAX 03-5977-5574
URL http://genome.e-mp.jp
e-mail feast-egenome@cs.jp.fujitsu.com

このページのトップへ
インデックスに戻る
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
論文一覧
Loopamp 製品
製品インデックス
試薬
プライマーセット
測定装置
基礎試薬
オプション
製品適応一覧表
濁度測定装置の主な仕様
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
このサイトについて