Loopamp 製品 

  濁度測定装置の主な仕様


機能 LoopampEXIA LA-320C RT-160C
検出方法 リアルタイム濁度検出 リアルタイム濁度検出 リアルタイム濁度検出
架設数 8検体×2ブロック ※1 8検体×4ブロック 8検体×2ブロック
酵素失活機能
ベースライン補正
自動判定
データ保存    ○ ※2    ○ ※3    ○ ※4

機能 LA-200 Realoop-30 LA-100
検出方法 リアルタイム濁度検出 リアルタイム濁度検出 エンドポイント濁度検出
架設数 8検体×4ブロック 8検体×2ブロック 48検体
酵素失活機能 ×
ベースライン補正 ×
自動判定 × ×
データ保存    ○ ※3    ○ ※4     ○ ※5
※1   増幅ユニット1台の場合(最大96検体:増幅ユニット6台拡張時)
※2   コントロールユニットでの保存(最大9,600検体分)、およびUSBメモリ経由でパソコンへ保存
※3   付属のパソコンへ保存
※4   コンパクトフラッシュ経由でパソコンへ保存
※5   RS232Cポート経由でパソコンへ保存
※6   LA-320C、RT-160C、LA-200、Realoop-30、LA-100は販売を終了しました。

このページのトップへ
サイトマップ English Site
サイト内検索 使い方
LAMP法の原理
技術情報
学会発表
論文一覧
Loopamp 製品
製品インデックス
試薬
プライマーセット
測定装置
基礎試薬
オプション
製品適応一覧表
濁度測定装置の主な仕様
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
HOMEへ
このサイトについて