title


 LAMP研究会発足の趣旨
遺伝子検査は近年様々な分野で導入されつつあり、今後広く普及していくことが期待されます。
このような中、遺伝子増幅技術として開発された「LAMP法」は2008年にて10年目を迎えましたが、その
メリット・応用例等の認知度はまだまだ十分ではないと思われます。
そこでこのたび、「LAMP法の特徴を生かした、迅速・簡便な遺伝子検査の確立を目指す研究者のネット
ワーク作りを推進し、分野を問うことなくLAMP法による遺伝子検査を広く普及していくこと」を目的として
LAMP研究会を設立いたしました。
本研究会では、LAMP法にて実際に研究および検査を行われている方々の活用報告から、簡便な遺伝子検査法としてのLAMP法の可能性を探り、さらに情報を共有できる交流の場を提供することで、遺伝子検査の普及をバックアップしてまいります。
遺伝子検査に携わる医師、検査関係者、医療・環境・農業・食品・畜水産関連研究者、その他の方々に多数
ご参加いただき、本研究会を発展させていきたいと考えております。宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 
 
  発足の趣旨
  研究会幹事
  開催プログラム
  参加お申し込み
  お問い合わせ

LAMP研究会TOPへ