器具/装置、試薬(プライマーを除く)の準備

器具/消耗品

以下に、LAMP法を用いた実験で使用する一般的な器具/消耗品を示します。

可変マイクロピペット※
微量の液体を採取するためのもの。試薬や検体の添加に使用。

フィルター付チップ※
上記ピペットに使用するチップ。フィルター付きのチップを推奨。

チューブラック(0.2mL/2.0mLチューブ用)※
マイクロチューブおよび反応チューブを立てるためのラック。


上:2.0mL用 / 下:0.2mL用

アイスラック(0.2mL/2.0mLチューブ用)※
マイクロチューブおよび反応チューブを立てるためのラック。


上:2.0mL用 / 下:0.2mL用

アイスボックス(発泡スチロールボックスでも可)※
クラッシュアイスとアイスラックを入れて使用。


クラッシュアイスとアイスラックを
入れた状態

マイクロチューブ(1.5mL、2.0mL)※
サンプル、試薬の調製に使用する(抽出液回収は核酸低吸着タイプの使用を推奨)

反応チューブ(0.2mL 8連チューブ)
LAMP反応を行うためのチューブ。
LoopampEXIAを用いる場合は、弊社製品の反応チューブDを使用する。

微量簡易遠心機(0.2mL/1.5mLチューブ用)
反応チューブおよびマイクロチューブをスピンダウンするためのもの。


左:2.0mL用 / 右:0.2mL用

撹拌機能付遠心機 MS-16
反応チューブをスピンダウンするためのもの。微量簡易遠心機 (0.2mLチューブ用)の代わりに使用可能。
MS-16であれば乾燥タイプの試薬の溶解・撹拌作業を自動で行うことが出来ます。詳細はこちらをご参照ください。

クリーンベンチ
試薬調製をクリーンな環境で行う為のもの。
試薬調製はコンタミネーションを防止するために必ずクリーンベンチ内で操作を行ってください。

  • これらの製品はコンタミネーションを防止するために、作業エリアごとに用意してください。

反応装置

LAMP法の反応装置として、以下の2種類をご紹介します。

リアルタイム濁度測定装置 LoopampEXIA

この装置一台で遺伝子の増幅から検出までを行うことができます。等温(60~65℃)で インキュベートし、遺伝子増幅時の副産物であるピロリン酸マグネシウムの濁度を測定することにより、リアルタイムに標的遺伝子の有無を確認できます。



①左:増幅ユニット 右:コントロールユニット 
②増幅ユニットのフタを開けた状態

増幅ユニット1台で、反応チューブ(0.2mL×8連)2セット(16チューブ)分を、同時に増幅・検出することができます。コントロールユニットには、測定されたデータを基に、リアルタイムにグラフがプロットされます。LoopampEXIAの詳細はこちらをご参照ください。

サーマルサイクラー+ブラックライト

蛍光目視試薬を用いることで、サーマルサイクラーで増幅反応を行い、ブラックライトで増幅の有無を確認することもできます。

基礎試薬

基礎試薬は、抽出したDNA(またはRNA)および別途用意したプライマーと組み合わせることでLAMP法の実験系を簡単に構築できる製品です。基礎試薬には、液状試薬と乾燥試薬の2種類のタイプがあります。

液状試薬

サンプル、プライマー、及び本試薬キットを混ぜ、一定温度で一定時間反応させるだけで標的遺伝子を増幅することができます。

  • Loopamp DNA増幅試薬キット 
    DNAを鋳型として反応させるための試薬
  • Loopamp RNA増幅試薬キット(RT-LAMP) 
    RNAを鋳型として反応させるための試薬

左: Loopamp DNA増幅試薬キット
右: Loopamp RNA増幅試薬キット(RT-LAMP)
製品詳細および使用方法はこちらのページよりご確認いただけます。

乾燥試薬

乾燥試薬は、増幅試薬を反応チューブのフタ(リブの内側)に乾燥・保持していますので、サンプル溶液とプライマー溶液で試薬を溶解し、一定温度で一定時間反応させるだけで標的遺伝子を増幅することができます。

  • Loopamp DNA増幅試薬D
    DNAを鋳型として反応させるための試薬
  • Loopamp RNA/DNA増幅試薬D
    DNAまたはRNAを鋳型として反応させるための試薬蛍光色素(カルセイン)が含まれており、 増幅の有無を蛍光目視によって確認することができます 。

左: Loopamp DNA増幅試薬D
右: Loopamp RNA/DNA増幅試薬D
製品詳細および使用方法はこちらのページよりご確認いただけます。

蛍光試薬

  • Loopamp 蛍光・目視検出試薬
    本試薬と、以下の基礎試薬を組み合わせることで蛍光目視検出が可能となります。増幅後の反応チューブに紫外線を照射するだけで蛍光を確認できるため、電気泳動のように増幅産物を取り出す必要がありません。

Loopamp DNA増幅試薬キット
Loopamp RNA増幅試薬キット(RT-LAMP)
Loopamp DNA増幅試薬D

製品詳細および使用方法は
こちらのページよりご確認いただけます。